不要品を回収した後の掃除って大変ですよね。物がなくなってどのように活用しようか考えつつ、気持よく活用するために掃除が必要です。不用品回収業者はハウスクリーニングにも対応しているところがあります。回収と合わせて依頼してしまうのも手間もかからないのでおすすめです。

不要品回収業者のハウスクリーニング

不用品回収業者がどのようなハウスクリーニングを行っているのでしょうか。業者によってというところですが、対応してるところもあります。クリーニングプランにも複数あるようなので対応してもらいたい場所を確認したいところですね。

エアコン

エアコンを掃除しないまま使用していると内部にホコリやカビで汚れていきます。汚れが付着したままですと、花粉症やアトピーなどアレルギーの症状に発展してしまうケースもあるようです。自分で掃除しても不安が残るという方も一度依頼してどこまで綺麗にする必要があるか確認したほうが安心ですね。
エアコンには複数の種類があるようです。その中でも家庭用壁掛けタイプとお掃除機能付きタイプで大きく変わります。

家庭用壁掛けタイプは一般的なエアコンです。お掃除機能付きエアコンはエアコン内でフィルターを自浄することができる機能を持っているエアコンです。こちらのエアコンは清掃が難しく、ハウスクリーニング専業でも断ることもあるようです。費用もお掃除機能付きエアコンの方が5,000円~10,000円くらい高くなる傾向です。

換気扇

換気扇が汚れていると換気の効率が悪くなります。効率が悪くなると炒めものを作った時の煙がなかなか消えなかったりときになることもしばしば。気持よく料理をするには綺麗な換気扇を維持したいですね。

換気扇には2種類あり、プロペラタイプとレンジフードタイプがあります。プロペラタイプは従来の換気扇で、レンジフードタイプは最近増えてきている箱のような換気扇です。クリーニング作業の時間、費用ともにレンジフードタイプの方がかかる傾向にあります。大体2倍くらいの差があるとイメージしておくと良いですね。

キッチン

キッチンのクリーニングはガス台、シンク周り、吊り戸棚あたりを綺麗にしてくれるケースが多いようです。キッチン一括りで対応しているところや個々に費用を細かく出しているところもありました。キッチン周りは普段綺麗にしているところの一つだと思いますが、こういった機会にプロに依頼しより綺麗にしてもらっても良いですね。

浴室

お風呂に入るたびに掃除をされるかと思います。ただ浴槽、床など意外と汚れが取れないこともあります。掃除したばかりのときは水が捌けていないので綺麗になったと思っても、水が捌けた後には汚れが・・・なんてことも。

浴室のクリーニングには浴槽、床含めまるっと対応してくれるケースが多いようです。鏡の水垢取りや浴室乾燥機などはオプションとなるようなのでご注意を。

トイレ

普段汚れやすいところだからいつも綺麗に保ちたいところですね。便器のフチの裏側など汚れが残りやすい部分もあるのでしっかり綺麗にする必要があります。

トイレに鏡がある場合は別途オプションになることが多いようですが、基本的に8,000円~12,000円くらいが目安です。

お部屋の掃除

フローリングから窓、ベランダなど幅広く対応しているケースもあります。また、部屋をまるごと綺麗にしてくれるサービスパックなどもあるようなので、綺麗にしたい場所に合わせて内容を選べそうです。

不要品回収業者とハウスクリーニング専門業者の価格の違い

複数の業者の価格について確認してみたところ、不要品回収業者と大手ハウスクリーニング業者ではあまり差が内容に感じました。お時間があれば両者に見積もりをとってみても良いですね。また、不用品回収と合わせて依頼するとトータルお得になるケースもあるようなので相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

不要品回収業者でも細かく対応してくれるところもありました。不用品回収や、大量のゴミを回収してもらった際にはあわせてハウスクリーニングができると綺麗スッキリ新しい新生活が送れますね。