不用品回収コラム

ごみ屋敷と汚部屋

gomiyasiki昼間が伸びる、という表現が正しいかはわかりませんが日照時間が長くなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。現在日本は梅雨真っ盛り。雨がしとしとと続き気分も晴れないかもしれません。ただ、梅雨が明けたらそこは夏。夏を迎える前に部屋を片付けておきたいところですね。ごみの問題も大きくなってしまいます。
ちょっとしたごみなら良いですが、溜まりに溜まってしまうともう大変。どこから手を付けて良いかわからずそのままなんてことも。これからの時期は特に生ごみなどに注意が必要ですね。ごみがかなりの量溜まってしまうとごみ屋敷、一歩手前を汚部屋というイメージです。処理をどうしたら良いかわからない場合はその道のプロ、不要品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
とはいえ、ごみ屋敷や汚部屋になってしまう前にきちんと掃除を行えば良い話ではあります。今回はどのような人がごみ屋敷や汚部屋を作り上げてしまうのか調べてみました。

ごみ屋敷と汚部屋

ごみ屋敷(ごみやしき)とは、ごみが野積みの状態で放置された、ゴミ集積所ではない建物(主として居住用)もしくは土地のこと。居住者が自ら出すごみはもとより、近隣のごみ集積所からごみを運び込んだり、リサイクル業を営んでいるとしてごみを溜め込んだりする。

wikipedia引用

汚部屋(オヘヤ)とは、汚い部屋を意味する単語である。「お部屋」のもじり。

ニコニコ大百科引用

どちらも共に名前の通りで、“ごみ”屋敷と“汚”部屋なんですね。汚部屋の方は汚いだけみたいです。ただ「汚部屋」で検索をかけるとごみ屋敷と区別がつかないような画像もちらほら。重度の汚部屋はもうごみ屋敷との区別がないかもしれませんね。

ごみ屋敷を作りやすい人

原因は諸説あり、明確な原因までは突き止められていないようでした。ただ、しょうがいが関係しているケースもあるようでした。強制的ホーディングというものがあり、同じ行為を繰り返す「脅迫行為」、同じ思考を繰り返す「脅迫観念」によりものを溜めこんでしまった結果ごみ屋敷になってしまうようです。また、ADHD(注意欠陥・多動症候群)の症状として、衝動性・多動性・不注意などがあり、片付けが苦手な人が多いようです。

汚部屋を作りやすい人

調べていくと、下記のような職業の方が汚部屋を作りやすい傾向にあるようです。
・カウンセラー
・セラピスト
・占い師
・霊能力者
・スピリチュアル系の方
・教師
・講師
・医者
・看護師
・介護職
・芸能関係者
・飲食店勤務
・ホテル勤務

これに共通する点は人に対して何かをしてあげるような尽くす仕事が当てはまりそうですね。人に対して神経を使い、自分の生活を御座なりにしてしまう傾向とも言えそうです。また、上記の中の一部は夜勤の仕事が含まれます。夜勤の場合はなかなかゴミが捨てられづらいので溜まりやすいですもんね。

まとめ

今回はあくまでも傾向として、ごみ屋敷・汚部屋を作りやすい人や職業をまとめてみました。手がつけられなくなる前に注意したいところですね。また、手がつけられなくなってしまった場合、不要品回収業者などで綺麗にするとともに、病院に相談してみたほうが良いかもしれません。一概に性格だけという訳ではないので、自分だけで悩まないほうが良いと思います。

業者とのトラブルについて

toraburu皆様は不要品回収業者の良し悪しってなんだと思いますか?対応が早い、金額が安い、丁寧な対応など条件は人それぞれあると思います。どれも利用する上で確認が必要かと思いますが、私は1点、「トラブルに巻き込まれない」が最も大事かなと思います。もちろん依頼した時にむすっとしてたりしたら嫌ですが、きちっと仕事をしれくれるなら良いです。当サイトで紹介している回収業者はそういったことはないと思いますが、全国にあるたくさんの不要品回収業者の中には悪徳業者と言われてしまうようなところもありそうです。
どのようなトラブルが今まで起きているか、例をまとめてみました。

不法投棄

一時話題になったトラブルに不法投棄があります。これは安い金額で対応したものの、不要品を処分できない、処分にかかる費用を捻出できない業者が山や道路など、そこら辺に捨ててしまうトラブルです。不法投棄自体問題ですが、最も問題なのは不法投棄をした業者ではなく、業者に依頼した利用者が罪に問われる可能性があることです。理由は、不法投棄したものによりますが、例えば冷蔵庫などであれば製造番号などから購入者を特定することができ、購入者が不法投棄したと取られてしまう可能性があるからです。購入者の特定は簡単でも、業者が不要品回収をしたという証明するのは難しいです。もちろんしっかりとした業者であれば領収書などで証明できるのですが、違法業者はそういったものを残さないケースが多いので気をつけなければなりません。

料金の食い違い

料金の食い違いにはパターンがあり、「無料と言われていたのに請求された」というケースと「見積よりも高い金額を請求された」というケースが多いです。無料になるケースとして、回収した不要品に価値がある場合のみです。基本的に不要品業者は回収による利益と、回収した不要品を販売することによる利益の2つの利益を上げるポイントが有ります。回収する不要品が高く売れる場合は買い取り価格が回収費用を上回り、無料や差額を支払ってくれます。ただ高く売れるものは宝石などの貴重品や新しい家電製品などなので、使い古しの家具家電では対象になりにくいので注意が必要です。
また、見積より高い金額を請求されたケースは積み込んだ後に予想よりも多かったなど理由をつけて高額の請求をされたという方もいらっしゃるようです。依頼の際には一度現物を見ることになるので、その時に確認をすることで回避できることもあります。もちろん回収物が最初に伝えていたものと違っていたり、回収物が増えてしまった場合は費用が上がるのは当然なので見積もり段階や作業前に何度も確認しておくとズレが生じにくいです。

押し買い

「押し買い」という言葉はあまり耳にすることはないかと思います。意味も「押し売り」の反対で強引に買われてしまうという内容です。特に貴金属などが狙われており、安く買い叩いてくる手口です。正当な金額でも意に反して買おうとしてくるので、そういった業者のときには注意が必要です。

どのような業者が悪徳業者なの?

あくまでもすべてが悪徳業者ではないとう前提でお話させてください。真面目にお仕事をされている業者もありますので、一例です。
・住所が不明
・飛び込みでの不要品回収
・請求書、領収書をくれない
・見積もりをせず回収する業者
悪徳業者にはこのような特徴がよくあてはまるようです。個人や業者を特定されないようにしているようですね。急な回収を依頼することもあるかと思いますが、そのときも自分で連絡し、見積もりを確認したうえで依頼すると良いですね。

まとめ

今回は不用品回収におけるトラブルをまとめました。もちろん普通の会社でもトラブルにならないということはありません。しかしトラブルの数は圧倒的に悪徳業者が多いです。普通に営業している業者は法的に問題のあることはしませんし、わざわざリスクを高めることはしないですからね。また、依頼の際はネットで評価などを確認しておくとより安全です。

そもそも粗大ごみって?

はっきりしない粗大ごみ

sodaigomi不要品やごみを捨てる際にどうやって捨てればいいの?って気になるものありますよね。例えば冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品やソファてテーブル、タンスなどの大型家具は悩みやすいですね。これらの不用品は地方自治体やリサイクル業者、不用品回収業者が対応してくれますので、ご自宅から対応してもらえるところを数点あたってみると良いとおもいます。
ちなみに勝手なイメージですがこれらのような大きくて処分に困る不用品をひっくるめて粗大ごみって呼んでしまうような気がします。実際の粗大ごみはどのようなものなのでしょうか。

粗大ごみの定義

実は粗大ごみの定義はありません。各自治体にごとに設定されていて統一されていないようです。ただ多くの自治体では、「一辺の長さが30センチメートル」が基本的な判断基準のとなっているケースが見受けられました。また、「不要となった耐久消費財」や「自治体指定のごみ袋に入らない大きさのもの」など自治体によって様々でしたので、大きい不用品を捨てる際にはお住まいの自治体のサイトの粗大ごみの基準を確認する必要がありますね。

粗大ごみの捨て方

結局粗大ごみがなにかというのははっきり出来ませんでしたが、粗大ごみになりそうだなぁと思うものが出た場合は問い合わせるのが一番ですね。また、電化製品については家電リサイクル法、小型家電リサイクル法での対象範囲の可能性もありますので注意が必要ですね。

さて、次は粗大ごみを捨てるまでの流れを紹介します。

地方自治体での捨て方

1:電話、インターネットでの申し込み
自治体ごとに粗大ごみ受付センターが用意されています。自治体のホームページを確認するとごみに関するページがあると思いますのでそちらよりご確認下さい。インターネットでの受付の場合、初回は電話での申し込みなど規則があるところもあるのでまずはホームページを確認しどういう流れになるか確認する必要があります。こちらで捨てるものを伝え、日時など調整をします。

2:粗大ごみ処理券の購入
粗大ごみを捨てるにあたり費用がかかります。粗大ごみ処理券というシールを購入し、粗大ごみにシールを貼ることで費用を払ったと見なされます。シールには
「粗大ごみ処理A券」と「粗大ごみ処理B券」と2種類あり、A券が1枚200円、B券が1枚300円となっております。処理券には名前と収集予定日を記入し、捨てるものに各費用ごと貼り付けます。その際にわかりやすい位置に貼るようにしてください。日にちを間違えていたり、廃棄にかかる費用が足りない時などは回収してもらえないケースが有りますのでお気をつけ下さい。
各粗大ごみの料金については電話で申し込む際に確認するか、各自治体のホームページの料金表を確認することになります。

3:指定日にごみを出す
申し込みの際に指定された場所にシールを貼ったごみを出せば完了です。問題がなければ回収車が持って行ってくれます。高齢や障がいなどで粗大ごみを出せない、また近親者に頼めないなどの事情がある場合搬出から対応してもらえるケースもあるようなので、その場合は申し込みの際に相談してみると良いですね。

不用品回収業者での捨て方

1:問い合わせをする
お住まいの地域を対応している不用品回収業者に連絡をし、見積もりを出してもらいます。見積もりを出す際はこちらの記事を参考にしてください。見積もりのコツ(※リンク設定して下さい)
見積もりに問題がなければ回収日時を決めましょう

2:回収当日
不要品回収業者が来たら見積もりに間違いがないか品物や状況の確認をしましょう。ここで問題がなければ回収してもらい費用を支払い作業完了です。

リサイクル業者での捨て方

1:査定
まずは査定の依頼です。多くのリサイクル業者では出張見積りなどを行っておりますで相談をしてみるのも一つですね。その際買い取りが難しい場合でも回収できるか確認しておくと良いです。

2:回収当日
査定や引き取りに問題ない場合は当日に回収してもらいます。立会だけで搬出などしてくれるケースもありますので査定段階で確認しておくのが良いですね。

粗大ごみの捨て方まとめ

粗大ごみの定義についてははっきりしませんでしたが、処分の仕方などご参考になれば良いなと思います。やっぱり安いのは自治体での対応ですが、いろいろ手間はかかってしまいそうですね。その点、不用品回収やリサイクル業者は電話での問い合わせから訪問とあまり手間を掛けず対応してもらえるので検討の余地ありですね。

夏の生ごみ対策

生ごみ対策

まだまだ梅雨は明けませんが、みなさまいかがおすごしでしょうか。気象庁によりますと、平年は関東で7月21日頃、東北北部で7月28日頃に明けるようで、今月いっぱいがじめじめとの戦いになりそうですね。最近は気温も上がり、熱中症対策の言葉もちらほら聞くようになりました。気温が高くなったせいで、菌も活性化し始めています。生ごみをちょっと放置しただけでも臭いが出てきてしまう時期になってしまいました。
ということで、今回は夏に向けての生ごみ対策を調べてみました。放置すると臭いも虫も、押し寄せて来てしまうので参考にしてくださいね。

生ごみの臭いの原因は?

生ごみやシンク周りのいやーな臭い、これは「嫌気性微生物」が原因のようです。見慣れない言葉ですが、読み方は「けんきせいびせいぶつ」。この生き物の多くは細菌で、増殖に酸素を必要としない性質があります。なので、ビニール袋に生ごみを入れて放置しておくと、酸素がなくても元気に活動する彼らが生ごみを分解し、嫌な臭いを発生させている、ということです。生ごみは水分を含むことが多く、袋や容器で密閉し酸素が少ない状態にすることがありますので、嫌気性微生物が活発になる条件を作ってしまっているわけです。
また、気温が高くなるこの時期は彼らが元気になる季節ですね。

生ごみの臭い対策

生ごみの臭いの原因がわかったのでどのような対策があるでしょうか。

生ごみを貯めない

当たり前ですが生ごみがなければ臭いはしません。基本的に週2回は燃えるごみの回収を行政が行っていると思います。このときに欠かさず生ごみを出せれば臭いに悩むことも減りますね。
ただ、生活習慣などによっては毎回出すのが難しい方もいるかと思います。そのような場合は下記も参考にしてください。

水気を切る

嫌気性微生物や細菌などが繁殖するにあたって「水分」が重要です。これも当たり前ですね、ただ、絞ったりして水気を切るだけではなく、その後に新聞紙でくるむと尚良しです。新聞紙が水分を吸ってくれますし、インクの消臭効果も期待できるおまけ付き。これは試す価値がありますね。

温度の低いところに置く

嫌気性微生物が活動するには適度な温度も必要です。それならば活動できない温度にすれば大丈夫ですね。どこかというと完全なのは冷凍庫だと思います。生ごみごと凍らせてしまうので腐る心配はありません。捨てる際もそのままぽいっと捨てられます。自然解凍されるまで臭いなども出ないのでかなり安心できますね。冷蔵庫に入れるという方もいらっしゃいましたが、冷蔵庫でも傷んだりカビたりすることはあるので、より安全なのは冷凍庫。あとは生ごみを食材がある冷凍庫に入れられるかの気持ちの問題です。

コーヒーのカスや重曹をかける

嫌気性微生物の繁殖から発する臭いは酸性と言われたりアルカリ性と言われたり、はっきりしませんでした。ただ、調べていると生活の知恵で生ごみの臭いを抑える方法が見つかりました。それがコーヒーのカスと重曹です。コーヒーについては調べてみたらUCC様のサイトにコーヒー抽出カスの脱臭効果についてのページが有りました。科学的にも認められているようです。
参考 http://www.ucc.co.jp/company/research/residue/01.html

また重曹は「炭酸水素ナトリウム」という名前が正式名称で、弱アルカリ性です。酸性を中和し臭いを抑える働きがあるようです。コーヒーのカスは酸性なので、アルカリ性の臭いを抑えてくれます。このゴミは酸性?アルカリ性?という判断はつかないですが、最初にどちらかを振ってみてみて、臭いが抑えられなければ残りをかけてみてはいかがでしょうか。

消臭剤を使う

いままでは生活の知恵のような紹介でしたが、最後は科学の力に頼るしかありません。消臭剤は各社ドラッグストアなどで販売されています。種類も多くどれが良いかは評判などを参考にご購入されてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、生ごみ対策について調べてみました。個人的には冷凍させてしまうのが一番簡単かつ効率が良さそうと感じてます。あとは気を強く持つだけですね。これから夏に向けてきっと気温が高くなってきてしまいますが、生ごみにと熱中症には気をつけてくださいね。

不要品あげますサイトをまとめてみました!

不要品あげます

みなさまは不要品をどのように処分していますか?
処分のメインは各自治体かと思いますが、不要品回収業者も便利でおすすめです!とはいえ他にもいろいろな処分方法がありますね。そのうちの一つ、不要品あげますサイトを調べてみました。

不要品あげますサイトって?

自分にとってはいらないものでも他の人から見ると価値があるものってたくさんあります。不要品回収業者も捨てるだけでなくリサイクルショップや海外などで販売しているのもそのうちの一つですね。
不要品あげますサイトはユーザー同士で不要品をあげたりもらったりできるサイトです。人が使ったものでも平気な方や、安くものを揃えたい一人暮らしの学生さんなどに良さそうですね。ただ、どんな人が使ったものか、どんな用途で使ったかはわからないので、本当に気にならないという人におすすめです。

ジモティー

ジモティーは無料の広告掲示板です。掲示板なのですが、一番人気のあるカテゴリーが「売ります・あげます」の項目です。この項目が自分の不要品を提供しあげる、もしくは買ってもらうための交渉の場になっています。基本的に売り手(上げる人)は不要品の画像をジモティーに掲載し、保存状態や使用年数、売る場合は価格を提示します。買い手(貰う人)はその情報を見て欲しければコンタクトを取るという流れです。基本的には郵送はせず、直接の受け渡しになるケースが多いです。対個人とのやりとりなので、郵送事故などがないのでその点に関してはプラスポイントですね。

ジモティー http://jmty.jp/

アゲマス

アゲマスは「不要なものを必要な人へ」「リユースのためのサイト」というコンセプトで運営されています。ジモティーと違い完全に不要品をあげる、貰うに特化しています。また金銭・金券の授与を認めていないので、売買ではなくリユースのみになります。もともとは2011年に起きた東北大震災の際に物資の提供をするためのサイトという立ち位置で立ち上げられ、その後は不要品を有効活用しようという形でサイトのあり方が変わっていきました。熊本地震の際にも被災者支援の形で物資が登録されていました。

アゲマス http://agemasu.jp/

エコマ

エコマは無料で使える不要品譲渡コミュニテイです。ジモティーのように掲示板形式ですが、用途が不要品譲渡に特化しています。ユーザーも多く活気があるイメージでした。2週間ほどスレッドの更新がないと自動的にスレッドが閉鎖されるようで、新しい情報がわかりますので調べるときに古い情報を見なくて済むのは良いですね。

エコマ http://eco-ma.com/

ガレージセール

ガレージセールのサイトは綺麗に作成されていてとても見やすくなっています。詳しい情報やどんなものがあるか見ていくためには会員登録が必要なのがちょっと難点かもしれません。家電から服や小物、おもちゃなど多くのものがやり取りに出されています。カテゴリーは「あげる」「売ります」「探してます」で欲しいものや条件などに応じて使い分けると良いですね。売買がメインですが、ハイブランドのものも多く出ており、掘り出し物があるかもしれません。

ガレージセール http://gsale.me/

不要品あげますサイト注意点

各サイトをまとめてみてたくさんの不要品がいろんな方の手に回っているんだとわかりました。ただ気になる点がいくつかありますので注意点としてまとめました。

誰がどのように使ったのか、誰がどのように使うかがわからない

不要品が受け渡される前、後でどのように使用されるかがわからないというのが少し気になります。変な使い方ができないものもあると思いますが、幼児用の衣服など、あまりこういったサイトでやり取りするべきではないものもあるような印象です。もちろん考え過ぎと言えばそれまでですが、あげる・もらうにしろリスクが大きいと感じました。あげた後やもらった後なのでどちらもわからない部分ですし、そもそもリスクという考え方が違うような気もしますが、個人的に気になるので注意点にしました。

受け渡しについて

不要品あげますサイトを見ていると、大体のものが手渡しでのやり取りとなっていました。郵送ではお金がかかりますし、直接の手渡しが良いのはわかりますが、誰かわからない人と会うのもリスクかなと思いました。もちろんこれも考えすぎの可能性大ですが。

ユーザー層について

あげる人にあまり変わった人はいないイメージですが、もらう人の中には無茶を言っていたり、失礼なことを言う人が少なからずいる印象です。お互いに気持ちの良いやりとりができると良いのですが注意が必要ですね。

まとめ

不要品あげますサイトをまとめてきましたが、サイトによって人の多さが違うのが印象的でした。特に多かった印象がジモティーとガレージセール、エコマですね。ここで紹介していないサイトもありましたが、あまり活気がありませんでした。その分掘り出し物があるかもしれないので他サイトも要チェックですね!

最近流行りの断捨離ってなに?

danshari

少し前からテレビで断捨離という言葉を見かけるようになりました。物を持たずミニマムな生活を送っているというイメージですが本来の意味などはどうでしょう。

断捨離について調べてみました。

断捨離とは

断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。提唱者であるやましたひでこによる造語である。
断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる

wikipedia引用

物を捨てること、持たないことだと思っていましたがそれだけでなく物への執着も持たないことが大事ですね。なんでも捨てるわけではなく”不用なもの”を捨てる、買わないことにより、物への執着を減らしていくということです。単純な整理や大掃除などと違い、必要か必要でないかなど購入する際の考えにも渡る概念なのでエコにも繋がりますね。

断捨離によるメリット

断舎離することによってどんなことが起きるのでしょうか。断捨離のメリットをまとめました。

1,部屋が綺麗になる

これは当然ですね。物が減るので部屋が広く、より綺麗に使えるようになります。物があると落ち着くという方もいらっしゃると思いますが、スッキリ気持よく生活が送れるようになります。むしゃくしゃしたり、何かを変えたいなんて時に大掃除をするとスッキリします。何かの節目などに合わせ気分や生活を変えても良いですね。

2,貯金が増える

断捨離の考え方を実践すると必要でないものを買わなくなります。物を買わないので支出が減り貯金を貯めることが出来ます。自分にとって価値があるかどうかの判断が今まで以上にできるようになるので無駄遣いが減ります。また、断捨離により物を手放す際に捨てずに売れるものがあればお金に変えることが出来ますね。

3,ポジティブになれる

断捨離を行うことで、必要な物だけを身近に置き、必要な物だけを買うことになります。「無駄=不用、嫌なこと」と捉えると嫌な物を身近に置かないことで
自分にとって良い物が周りにあり、ポジティブになれるという考えです。実際、断捨離を行って幸せに、ポジティブになったという声も個人ブログなどで見受けられました。

4,人間関係が良好になる

断捨離は不要な物を手放す、身近に置かない、執着しない考え方ですが、「物=人」と考えるとどうでしょうか。人間関係の断捨離を行うことで自分にとって大切な人とより繋がり、そうでない人との関係を整理することが出来ます。例えば両者から誘いがあった際に、大切な人とは積極的に合うようにしたり、そうでない人とは距離を取り自分の時間や大切な人との時間に当てることが出来ますね。なかなか付き合う人を見直すことはしないと思いますが、断捨離を行う中でこのようなマインドを身につけることが出来ます。

5,仕事が捗る

断捨離を仕事にも応用することが出来ます。例えばオフィスの机の上を片付けることで雑念が減り、より集中することが出来ますね。また断捨離は捨てる行為ではなく考え方なので、必要な知識や考え方のみを身に着けていくので、不必要なことに時間を取られにくくなります。頭のなかやデスクの上も雑多より整理されている方が能率が良いですね。

6,自分の時間が増える

周りにたくさんの物やコトがあるとあれもしたいこれもしたいと時間がいくらあっても足りません。断捨離することで身の回りの物、コトを整理し、やらなければいけないことが明確になります。実はやらなくても良いことが発見でき、やりたいことに時間を割くことが出来ます。また、掃除などでも時間短縮ができるので時間に余裕ができますね。

注意!断捨離の後悔

断捨離と上手く付き合えれば良いですが、捨てることに夢中になり大事な物を捨ててしまうこともあるようです。特に買い直せない物と家族にとって大切な物には注意が必要です。また、オークションなどで高値がつくものも中にはあり、知らずに捨ててしまうケースもあるようです。例えばフィギュアや雑誌の付録など高値がつくこともあります。昔のビックリマンシールで何十万という価値がある物もあるのでちょっとでも価値があるかなと思った際には調べてみたほうが良いですね。

新生活や節目の時に断捨離を

断捨離を調べてみると様々なメリットがありますね。デメリットとしても注意していれば回避できる物や、買い戻せる物など、あまり大きく無いように思います。断捨離しやすいタイミングは新生活の始まりや大掃除など。そのタイミングでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

不用品回収後の大掃除方法

不用品回収その後

soujidougu不用品がなくなった後、部屋をどのように活用するか悩みますね。でもその前にまずはお部屋の掃除から。みなさんは自分でお掃除されますか?

不用品回収業者はハウスクリーニングにも対応?

企業によってまちまちだと思いますが、不用品回収業者の中にはハウスクリーニングを行っているところもあります。不用品回収と合わせて対応してもらえるので、一日で家や部屋が綺麗になるのは時間的にも嬉しいですね。毎日が忙しく部屋の掃除が億劫な方にはおすすめです。依頼の際は紹介記事を参考にしてくださいね。
とはいえ不用品回収で費用もかかってしまいますので、掃除は自分で行い費用を抑えるのも大事です。
次項からちょっとした掃除の方法をご紹介。

掃除の基礎!順番を間違えると手間が増える?

掃除をするときどのような順番で綺麗にしていきますか?不用品や大きい物をどかした際の大量のホコリなど床を見ると気になるところがたくさんあると思います。ただ掃除の基本は「上から下へ」です。床のホコリを綺麗にした後タンスの上のホコリ等が落ちて汚れたら二度手間です。なので一旦床のホコリには目をつむり、上から順に何があるか確認、綺麗にしていきましょう。

まずはエアコン!

部屋の高い所にあるのはエアコンや照明が一般的かと思います。「上から下へ」の原則に則りまずはエアコンをやっつけましょう。
まずは必ずコンセントを抜きましょう。その後はエアコン上部、前面パネル、フィルター、吹き出し口という順に綺麗にしていきます。一番大変なのはフィルターですね。フィルター掃除の注意点は2つです。

1、掃除機で吸うときは外側から
手っ取り早くホコリを取るには掃除機で充分。ホコリを一気に吸い取ってもらいましょう。ただその際にホコリが付着しない内側から吸ってしまうと目詰まりの原因になってしまいます。それでも残るガンコなホコリは洗い流しましょう。

2、シャワーを掛けるときは内側から
掃除機のときとは逆に、内側からシャワーを掛けるようにしてください。これも目詰まりの原因になります。また、水でホコリを綺麗にした際にはしっかりと乾燥させてくださいね。濡れたままだとカビの原因になってしまいます。

エアコンが終わったら次は天井、壁の掃除。ハタキや雑巾でホコリを落とします。電球を拭くときは濡れた手で触らないように注意してくださいね。

床の掃除

まずはホコリを取り除きます。掃除機の場合はどんどん吸い取ってしまいましょう。ホウキなどで掃く場合は、「中から外へ」。窓や出口に向かって掃いていくと掃除しやすいです。
掃き掃除の後は固く絞った雑巾で手早く水拭きしましょう。その後乾いている雑巾で乾拭きするとより良いです。

ゴールはすぐそこ、窓掃除!

あらかたの掃除が終わりました。後は目の前の窓を残すのみですね。最後にぱぱっと片付けましょう。
洗剤を使っての拭き掃除の場合、窓に直接吹きかけてはいけません!折角掃除したのに窓にムラが、、、なんてことになりかねません。雑巾に洗剤を吹きかけしっかり拭きましょう。その後、固く絞った濡れ雑巾、乾拭きの順番です。また、窓の拭き掃除のときは「下から上に」です。上から掃除してしまうと洗剤が垂れムラの原因になってしまいます。
雑巾以外だと実は新聞紙も有効です。くしゃくしゃに丸めた新聞紙を軽く湿らせガラスを拭き、すぐに乾いた新聞紙で拭きあげると綺麗になります。新聞紙の繊維やインクがガラスを綺麗にしてくれます。

お疲れ様でした!

これで掃除も終わりです。綺麗になった部屋を作るのは楽しみですね!
ただ、文章を打ってるだけでも疲れてしまいました。。。不用品回収の後の掃除は大掃除になりそうなので、余裕があればまとめて依頼したいですね。

データの消去は必須!パソコンの捨て方注意点

パソコンの廃棄と法律

pasokon_josei

いまや生活に欠かせなくなったパソコンですが、すごいスピードで新しい製品がさまざまなメーカーから発売されていますね。パソコンも消耗品なので、定期的に買い換えたり、中身を入れ替えたりすることが大切です。その時に気になるパソコンの捨て方。あなたはご存じですか?

少し前の話ですが、「小型家電リサイクル法」により、パソコンやディスプレイが捨てやすくなりました。というのも「小型家電リサイクル法」が始まるまでは「資源有効利用促進法」という法律により、自治体での収集・引き取りができない状態でした。その頃はメーカーによる自主回収・リサイクルや、自作のパソコンは一般社団法人パソコン3R推進協会での有償の回収、リサイクルショップへの買い取りなどが主な捨て方でした。現在もメーカー、3R推進協会での回収は行っておりますので、捨てる際には調べてみても良いと思います。

「小型家電リサイクル法」が出来てからは自治体での回収も可能になりましたが、指定の場所へ持っていかなければならなかったり、日にちが指定されていていつでも捨てられるわけではありません。捨てる際にはお住まいの自治体のホームページなどで一度問い合わせた方が安全です。また、ご使用のパソコンによっては買い取りをしているパソコンショップなどもありますので買い取りの相談をしても良いですね。自治体やパソコンショップでの買い取りが費用を抑えた処分方法の多数になります。

ただ急な引越しや普段は忙しくてなかなか時間が取れないという方は不用品回収業者がおすすめ。
あなたのご自宅まで回収業者が伺い、パソコンを回収してくれます。他にも家電製品やゴミなどがあれば合わせて回収も可能です。あまり時間が無い方にはとても助かるサービスです。

情報漏洩に注意!データの消し方

注意が必要なのはパソコンのデータです。
不用品回収業者の中にはパソコンのデータを削除しないところもあるようです。依頼する場合はきちんと削除してくれる業者を選びたいところですね。連絡する際に確認は必須です。

また、パソコンを捨てる際にはどこに依頼するかは置いておいて、自分でデータを消去する方が安心だと思います。データを削除する方法はいくつかありますが、ハードディスクのフォーマットだけでは実は危険です。見た目上はデータがなくなり消えているように見えるのですが、見えないだけでハードディスクの中には情報が残ってしまうケースがあります。上書き可能ファイルの位置づけとなり、上書きされて初めて完全消去になります。データの復旧業者や復旧ソフトで復元できるのがこの範囲の領域になります。

有料・無料のソフトの中にはハードディスクの情報を深いところから削除できるものもあるようなので調べて使用するのも方法の一つですね。こちらはハードディスクの全ての領域に「0」を上書きしたり、ランダムなデータを上書きするものなどがあります。
それでも安心できないという方には物理的に壊してしまうのが手っ取り早いです。要は普通に使用できないように壊してしまうということですね。多くのハードディスクには本体の穴をふさぐように1cm程のシールが貼られているケースが多いです。この下にディスクが入っていることが多いので剥がして穴を開けてしまえば終わりです。念のためドリルで数か所開けてしまうとより安心ですね。
ただ物理的に壊す際には怪我にもご注意を。

パソコンを捨てる機会はそんなに頻繁には無いと思いますが、捨てる際にはご参考までに。
情報漏洩のリスク回避のためにどのように捨てるかはさておき、情報が読み取れないようにすることは忘れずに!