toraburu皆様は不要品回収業者の良し悪しってなんだと思いますか?対応が早い、金額が安い、丁寧な対応など条件は人それぞれあると思います。どれも利用する上で確認が必要かと思いますが、私は1点、「トラブルに巻き込まれない」が最も大事かなと思います。もちろん依頼した時にむすっとしてたりしたら嫌ですが、きちっと仕事をしれくれるなら良いです。当サイトで紹介している回収業者はそういったことはないと思いますが、全国にあるたくさんの不要品回収業者の中には悪徳業者と言われてしまうようなところもありそうです。
どのようなトラブルが今まで起きているか、例をまとめてみました。

不法投棄

一時話題になったトラブルに不法投棄があります。これは安い金額で対応したものの、不要品を処分できない、処分にかかる費用を捻出できない業者が山や道路など、そこら辺に捨ててしまうトラブルです。不法投棄自体問題ですが、最も問題なのは不法投棄をした業者ではなく、業者に依頼した利用者が罪に問われる可能性があることです。理由は、不法投棄したものによりますが、例えば冷蔵庫などであれば製造番号などから購入者を特定することができ、購入者が不法投棄したと取られてしまう可能性があるからです。購入者の特定は簡単でも、業者が不要品回収をしたという証明するのは難しいです。もちろんしっかりとした業者であれば領収書などで証明できるのですが、違法業者はそういったものを残さないケースが多いので気をつけなければなりません。

料金の食い違い

料金の食い違いにはパターンがあり、「無料と言われていたのに請求された」というケースと「見積よりも高い金額を請求された」というケースが多いです。無料になるケースとして、回収した不要品に価値がある場合のみです。基本的に不要品業者は回収による利益と、回収した不要品を販売することによる利益の2つの利益を上げるポイントが有ります。回収する不要品が高く売れる場合は買い取り価格が回収費用を上回り、無料や差額を支払ってくれます。ただ高く売れるものは宝石などの貴重品や新しい家電製品などなので、使い古しの家具家電では対象になりにくいので注意が必要です。
また、見積より高い金額を請求されたケースは積み込んだ後に予想よりも多かったなど理由をつけて高額の請求をされたという方もいらっしゃるようです。依頼の際には一度現物を見ることになるので、その時に確認をすることで回避できることもあります。もちろん回収物が最初に伝えていたものと違っていたり、回収物が増えてしまった場合は費用が上がるのは当然なので見積もり段階や作業前に何度も確認しておくとズレが生じにくいです。

押し買い

「押し買い」という言葉はあまり耳にすることはないかと思います。意味も「押し売り」の反対で強引に買われてしまうという内容です。特に貴金属などが狙われており、安く買い叩いてくる手口です。正当な金額でも意に反して買おうとしてくるので、そういった業者のときには注意が必要です。

どのような業者が悪徳業者なの?

あくまでもすべてが悪徳業者ではないとう前提でお話させてください。真面目にお仕事をされている業者もありますので、一例です。
・住所が不明
・飛び込みでの不要品回収
・請求書、領収書をくれない
・見積もりをせず回収する業者
悪徳業者にはこのような特徴がよくあてはまるようです。個人や業者を特定されないようにしているようですね。急な回収を依頼することもあるかと思いますが、そのときも自分で連絡し、見積もりを確認したうえで依頼すると良いですね。

まとめ

今回は不用品回収におけるトラブルをまとめました。もちろん普通の会社でもトラブルにならないということはありません。しかしトラブルの数は圧倒的に悪徳業者が多いです。普通に営業している業者は法的に問題のあることはしませんし、わざわざリスクを高めることはしないですからね。また、依頼の際はネットで評価などを確認しておくとより安全です。