引っ越しや家具の入れ替えで不用品が出たとき、そのモノはどう処分しますか。「引っ越し業者に頼むほうがいいのか、不用品回収業者に頼んだほうがいいのか」という疑問がわいてくるかもしれません。
その疑問、さほど深刻に悩むものではありません。その訳をご説明いたします。

不用品には「厳重な注意は不要」

引っ越し業者のテレビCMを見たことはありませんか。運び出しや新居への搬入の際、荷物を厳重に梱包しているはずです。これは、運ぶべき品物がお客様の大切な家具だからです。一方、処分に困っている不用品には、その注意は必要ありません。今住んでいる家の壁や柱に注意をすればよいだけで、不用品に対してケアすることは求められていません。
このことを考えただけでも、「処分するだけの品は不用品回収業者に頼めばよい」と理解できるでしょう。

基本は「トラック+人件費+走行に必要な費用」

「トラック+人件費+走行に必要な費用」が必要なのは、引っ越し業者も不用品回収業者も同じですが、是非覚えておいていただきたいポイントです。
というのも、不用品の処分までに時間的余裕があるときには、「他の処分品と一緒にお願いしたい」と伝えると、他の家庭から出た品と一緒に持っていってもらえる可能性があるのが不用品回収業者なのです。
さすがに引っ越し業者には、このような頼み方はできません。荷物が混じってしまうことはクレームの元です。ですが、不用品ならばこのような心配がないため、近くの家庭からの依頼と同日にすることで「一便」にまとめてしまえるのです。このことによって、不用品回収にかかる費用をぐっと抑えることもできるのです。
「ウチのご近所で回収の予定はありませんか」、または「近くを通るトラックはありませんか」と相談してみてください。

「引っ越し+不用品処分」を同時に行うときは

もしも、引っ越しで大量の不用品が出たときには、「引っ越し業者」と「不用品回収業者」にそれぞれ見積もりを取ってみてください。引っ越し業者に不用品処分まで頼んだらいくらかかるのか、引っ越しは引っ越し業者に頼み処分するものは不用品回収業者に依頼するといくらかかるのか?です。
不用品の量にもよりますが、おそらく「引っ越し業者+不用品回収業者」の組み合わせのほうが安くなることのほうが多いでしょう。というのも、上に挙げたように、不用品は丁寧に扱わなくてもよい、他の便との相乗りでコストを抑えられる可能性があるからです。

また、不用品を買取や引き取りをしてくれる引っ越し業者はありますが、不用品回収に対応していない場合や一部の品目しか取り扱えない事が多いので事前に確認が必要です。引っ越し業者はあくまでも引っ越しが本業なのです。

  • ・引っ越し業者に「引っ越し+不用品回収」を頼む
  • ・引っ越しは「引っ越し業者」、不用品の処分は「不用品回収業者」に頼む

この2つのパターンで見積もりを取ることをお勧めします。

引っ越し業者は、遺品整理は行わない

一部の業者を除き、基本的に引っ越し業者は遺品整理(もしくは行方不明となった方のお部屋の整理)は行ってくれません。もしも不用品がそのような方のものであれば、不用品回収業者の中から遺品整理を行う業者を探しましょう。
貴重品や思い出の品以外、ほとんどすべてが処分すべき品であるため、やはり不用品回収業者の方が手馴れているものです。できれば、出かけていき、作業に立ち会うことがベストです。何がご遺族にとっての思い出の品であるかを明確にするためです。1点1点確認しながら、大事なものだけご自宅に持ち帰ればいいのです。
大量の品を持ち帰るのでなければ、不用品回収業者の方がコストを抑えられるのはおわかりですね。

引っ越し業者と不用品回収業者の比較表

引っ越し業者の場合

  • 荷物を厳重に梱包しないといけない。
  • 他の家庭の荷物と混ぜてトラックに乗せることはできない。
  • 不用品回収できる品目が少ない。または回収ができない会社もあり。
  • 遺品整理等には対応できない。
  • 不用品回収の面だけみると割高になってしまう。

不用品回収業者の場合

  • 不用品なのでケアは求められない。
  • 他の家庭から出た不用品と一緒に回収できる可能性がある。
  • 有害性や引火性がある危険なもの、著しく悪臭を発するものを除いてほぼ全て回収が可能
  • 遺品整理等、サービスの幅が広い。
  • 多くの場合、コストを抑える事ができる。

まとめ

不用品の処分は、分量にもよりますが、やはり不用品回収業者のほうが得意であることから安く上げられそうです。
同じ不用品回収業者といっても、便をまとめてくれる小回りの効く会社、多い分量の不用品に強い会社、遺品整理や清掃まで行ってくれる会社など、特徴はさまざまです。

一番大事なのは、まず事情を伝えたうえで見積もりをとってみることです。処分する品物の分量を見るため、家に立ち入ることが前提の見積もりですが、不用品回収業者を上手に利用するためには必要なステップです。