どの不用品回収業者選べばいいのか

特に料金面は、会社によってさまざまですから、「ウチの状況にマッチする会社は?」と思っていらっしゃることでしょう。
料金体系は、おおまかに2種類です。以下のパターンを見比べてみてください。

料金体系別の比較パターン

【料金体系A】固定の「基本料金あり」

3,000~10,000円の「基本料金あり」という会社があります。これは、不用品回収に必要なトラックや人件費の最低料金を示しています。必ず必要な経費であることから、基本料金として提示してあるのです。

これに、「エレベーターの有無」「解体作業の有無」「階段やエレベーターを使っても搬出できない大型のものを窓から吊り下げて搬出しなければならないときの料金」などが上乗せされていきます。
少量の不用品を依頼したい場合、高くつくことがありますが、料金が明確というメリットがあります。

【料金体系B】「基本料金なし」―訪問による見積もりで決まる

見積もりのために訪問してくれた際に、料金を決める業者もあります。荷物の分量、荷物の搬出に許された時間内で処分品を運び出すために必要な人員を何人確保するか、荷物の量に合わせ軽トラックでいいのか、何トン車が必要か―これらを総合的考えて料金を見積もるため、「実際に荷物を見てから」料金を決めるのです。

このような会社のホームページには、明確な料金表示がないため、なんとなく相談しづらいと思うかもしれません。ですが、見積もりの際に決まった料金の中には、トラック代金・人件費・(あれば)解体費用・搬出費用すべてが込みです。

不用品搬出の際に「そういえばこれも不要だった」というモノが出てきてしまったときにも、「どうせトラックにはまだ入れられるし、人も来ているから、料金内でいいですよ」と気軽に請け負ってくれることもありますが、業者によっては、料金が不明確であるため、高い見積金額を提示されてしまい、損をしてしまうというデメリットがあります。

不用品回収業者別の比較パターン

 回収業者A回収業者B
基本料金 3,000円~10.000円程度 無料
処分品毎の単価 固定 オープン価格
料金交渉 業者によって可 交渉可能
費用の目安 固定された不要品の単価を足し上げていくだけなので高くなります。 不用品が沢山ある場合は、交渉が出来るため安く収まる可能性があります。
エレベーター有無、吊り下げ搬出
解体作業等のオプション料金
別途作業量が発生
※業者により料金交渉が可能の場合があります。
料金交渉が可能の場合あり
メリット 回収料金が明確です。 基本料金がない為、料金交渉が可能の場合があります。
デメリット 基本料金が掛かり、料金が固定なので高くなる場合があります。 ホームページ上に料金を
記載していないケースが多い為、高く請求される場合があります。

賃貸から不用品を搬出してもらう際、できるだけ部屋に傷をつけずモノを運び出してほしいのは人情。壁や床に傷をつけてしまうと、現状回復費用を求められてしまうからです。
このような「イヤなこと」が起きないよう、見積り依頼の段階で損害賠償ができるかどうかの確認をしてください。これが可能かどうかで、安心度がぐっと変わります。

会社・事業者の場合―Pマーク取得ができているかどうかで決める

会社で、特にパソコンなど多くの情報が入っている機器や書類の回収依頼をするときは、Pマーク取得済みの不用品回収業者に依頼をする必要があります。
※Pマークとは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定する制度。
Pマーク取得済みかどうか、必ず確認するようにしてください。不用意に「安いから」というだけで業者選定をしてしまっては、後々のトラブルにつながることも考えられます。

【基本のキ】「産業廃棄物収集運搬業許可業者」かどうか

家庭の不用品も、大型のものになればなるほど、その処理は大変です。また、大量のものを一度に処分するよう依頼すると、産業廃棄物として扱われます。依頼しようとしている不用品回収業者は「産業廃棄物収集運搬業許可業者」でしょうか。この許可を受けているかどうか、必ず確認してください。
自分の出した不用品が、まさか「山や谷に不法投棄された」となると、環境破壊の片棒を担いだこととなり、とても気分が悪いものです。適正に処分してもらうためには、この産業廃棄物収集運搬業許可業者であるかどうかをHPなどで必ずチェックするよう心がけましょう。

即日対応・日時指定できるかどうか

粗大ゴミや不用品の処分は、出来るだけ休みの日だったり、夜だったり、自分の都合に合わせたいですよね。 また引っ越し前後や、大掃除の後、家具買い替え直後などは、出来るだけ早く処分したいと思います。
自分の都合に合わせたい。すぐに回収に来てほしい。という方は、即日対応もしくは日時指定可能な回収業者を選びましょう。

まとめ

料金体系のふたつのパターンとメリット・デメリット、業者選びのポイントをご紹介しました。まずは、見積もりを取ってみることをお勧めします。実際に荷物の量や運び出す建物の状態を見てみなくては、不用品回収業者も費用を計算できないのが実情。まずは「相談ありき」なのです