不用品回収その後

soujidougu不用品がなくなった後、部屋をどのように活用するか悩みますね。でもその前にまずはお部屋の掃除から。みなさんは自分でお掃除されますか?

不用品回収業者はハウスクリーニングにも対応?

企業によってまちまちだと思いますが、不用品回収業者の中にはハウスクリーニングを行っているところもあります。不用品回収と合わせて対応してもらえるので、一日で家や部屋が綺麗になるのは時間的にも嬉しいですね。毎日が忙しく部屋の掃除が億劫な方にはおすすめです。依頼の際は紹介記事を参考にしてくださいね。
とはいえ不用品回収で費用もかかってしまいますので、掃除は自分で行い費用を抑えるのも大事です。
次項からちょっとした掃除の方法をご紹介。

掃除の基礎!順番を間違えると手間が増える?

掃除をするときどのような順番で綺麗にしていきますか?不用品や大きい物をどかした際の大量のホコリなど床を見ると気になるところがたくさんあると思います。ただ掃除の基本は「上から下へ」です。床のホコリを綺麗にした後タンスの上のホコリ等が落ちて汚れたら二度手間です。なので一旦床のホコリには目をつむり、上から順に何があるか確認、綺麗にしていきましょう。

まずはエアコン!

部屋の高い所にあるのはエアコンや照明が一般的かと思います。「上から下へ」の原則に則りまずはエアコンをやっつけましょう。
まずは必ずコンセントを抜きましょう。その後はエアコン上部、前面パネル、フィルター、吹き出し口という順に綺麗にしていきます。一番大変なのはフィルターですね。フィルター掃除の注意点は2つです。

1、掃除機で吸うときは外側から
手っ取り早くホコリを取るには掃除機で充分。ホコリを一気に吸い取ってもらいましょう。ただその際にホコリが付着しない内側から吸ってしまうと目詰まりの原因になってしまいます。それでも残るガンコなホコリは洗い流しましょう。

2、シャワーを掛けるときは内側から
掃除機のときとは逆に、内側からシャワーを掛けるようにしてください。これも目詰まりの原因になります。また、水でホコリを綺麗にした際にはしっかりと乾燥させてくださいね。濡れたままだとカビの原因になってしまいます。

エアコンが終わったら次は天井、壁の掃除。ハタキや雑巾でホコリを落とします。電球を拭くときは濡れた手で触らないように注意してくださいね。

床の掃除

まずはホコリを取り除きます。掃除機の場合はどんどん吸い取ってしまいましょう。ホウキなどで掃く場合は、「中から外へ」。窓や出口に向かって掃いていくと掃除しやすいです。
掃き掃除の後は固く絞った雑巾で手早く水拭きしましょう。その後乾いている雑巾で乾拭きするとより良いです。

ゴールはすぐそこ、窓掃除!

あらかたの掃除が終わりました。後は目の前の窓を残すのみですね。最後にぱぱっと片付けましょう。
洗剤を使っての拭き掃除の場合、窓に直接吹きかけてはいけません!折角掃除したのに窓にムラが、、、なんてことになりかねません。雑巾に洗剤を吹きかけしっかり拭きましょう。その後、固く絞った濡れ雑巾、乾拭きの順番です。また、窓の拭き掃除のときは「下から上に」です。上から掃除してしまうと洗剤が垂れムラの原因になってしまいます。
雑巾以外だと実は新聞紙も有効です。くしゃくしゃに丸めた新聞紙を軽く湿らせガラスを拭き、すぐに乾いた新聞紙で拭きあげると綺麗になります。新聞紙の繊維やインクがガラスを綺麗にしてくれます。

お疲れ様でした!

これで掃除も終わりです。綺麗になった部屋を作るのは楽しみですね!
ただ、文章を打ってるだけでも疲れてしまいました。。。不用品回収の後の掃除は大掃除になりそうなので、余裕があればまとめて依頼したいですね。