パソコンの廃棄と法律

pasokon_josei

いまや生活に欠かせなくなったパソコンですが、すごいスピードで新しい製品がさまざまなメーカーから発売されていますね。パソコンも消耗品なので、定期的に買い換えたり、中身を入れ替えたりすることが大切です。その時に気になるパソコンの捨て方。あなたはご存じですか?

少し前の話ですが、「小型家電リサイクル法」により、パソコンやディスプレイが捨てやすくなりました。というのも「小型家電リサイクル法」が始まるまでは「資源有効利用促進法」という法律により、自治体での収集・引き取りができない状態でした。その頃はメーカーによる自主回収・リサイクルや、自作のパソコンは一般社団法人パソコン3R推進協会での有償の回収、リサイクルショップへの買い取りなどが主な捨て方でした。現在もメーカー、3R推進協会での回収は行っておりますので、捨てる際には調べてみても良いと思います。

「小型家電リサイクル法」が出来てからは自治体での回収も可能になりましたが、指定の場所へ持っていかなければならなかったり、日にちが指定されていていつでも捨てられるわけではありません。捨てる際にはお住まいの自治体のホームページなどで一度問い合わせた方が安全です。また、ご使用のパソコンによっては買い取りをしているパソコンショップなどもありますので買い取りの相談をしても良いですね。自治体やパソコンショップでの買い取りが費用を抑えた処分方法の多数になります。

ただ急な引越しや普段は忙しくてなかなか時間が取れないという方は不用品回収業者がおすすめ。
あなたのご自宅まで回収業者が伺い、パソコンを回収してくれます。他にも家電製品やゴミなどがあれば合わせて回収も可能です。あまり時間が無い方にはとても助かるサービスです。

情報漏洩に注意!データの消し方

注意が必要なのはパソコンのデータです。
不用品回収業者の中にはパソコンのデータを削除しないところもあるようです。依頼する場合はきちんと削除してくれる業者を選びたいところですね。連絡する際に確認は必須です。

また、パソコンを捨てる際にはどこに依頼するかは置いておいて、自分でデータを消去する方が安心だと思います。データを削除する方法はいくつかありますが、ハードディスクのフォーマットだけでは実は危険です。見た目上はデータがなくなり消えているように見えるのですが、見えないだけでハードディスクの中には情報が残ってしまうケースがあります。上書き可能ファイルの位置づけとなり、上書きされて初めて完全消去になります。データの復旧業者や復旧ソフトで復元できるのがこの範囲の領域になります。

有料・無料のソフトの中にはハードディスクの情報を深いところから削除できるものもあるようなので調べて使用するのも方法の一つですね。こちらはハードディスクの全ての領域に「0」を上書きしたり、ランダムなデータを上書きするものなどがあります。
それでも安心できないという方には物理的に壊してしまうのが手っ取り早いです。要は普通に使用できないように壊してしまうということですね。多くのハードディスクには本体の穴をふさぐように1cm程のシールが貼られているケースが多いです。この下にディスクが入っていることが多いので剥がして穴を開けてしまえば終わりです。念のためドリルで数か所開けてしまうとより安心ですね。
ただ物理的に壊す際には怪我にもご注意を。

パソコンを捨てる機会はそんなに頻繁には無いと思いますが、捨てる際にはご参考までに。
情報漏洩のリスク回避のためにどのように捨てるかはさておき、情報が読み取れないようにすることは忘れずに!